PASMO(パスモ)

IC PASMO(パスモ)

2007年3月に巷をにぎわせた『PASMO(パスモ)』は、首都圏の私鉄・地下鉄およびバスの路線で利用することができる乗車ICカードです。
『パスネット』『バス共通カード』を前身としていて、Suicaとの相互利用が話題を呼びました。当初、発行開始から一年で500万枚の発行を予測していたにも関わらず、あまりの人気に、発売開始から一ヶ月足らずで発行枚数300万枚を突破してしまい、販売制限が行われるという事態まで起こりました。

この大人気のPASMOが登場したことで、いよいよ交通系電子マネーが、首都圏を網羅することになります。
PASMO一枚、もしくはSuica一枚を持っていれば、首都圏のどこへでも移動できるようになりました。
またこの相互利用は、乗車目的だけではなく、ショッピング目的の電子マネーでも行われており、基本的にはSuicaが使えるお店ではPASMOも使え、PASMOが使えるお店ではSuicaも使えるようになっています。

『PASMO(パスモ)』という名前は、『PASSNRT』の『PAS』と『MORE(もっと)』の『MO』からきています。パスモの『モ』は、「電車『も』、バス『も』、あれ『も』、これ『も』」の「〜も」という意味も持っています。

PASMOには、『無記名PASMO』、『記名PASMO』、『小児用PASMO』、『PASMO定期券』、『オートチャージ機能つきPASMO』の5種類があります。
オートチャージ機能つきPASMOでは、Pastownカードか、PASMOに加盟している交通会社発行のクレジットカードから、オートチャージ(自動入金)することができます。
ちなみにVIEW Suicaカードでは、クレジットカード(VIEWカード)自体にSuicaがついていますが、PASMOの場合は、クレジットカードとPASMOが別カードになります。

またPASMOでは、バスの利用に特典が用意されています。
これは、バス利用特典サービスというポイント還元サービスで、1,000バスポイントごとに『特典バスチケット』(100〜450円分)が自動的に付与(PASMOに記録)される仕組みになっています。特典バスチケットは、次回の乗車時に、優先的に運賃支払いに使用されるようになっています。

関連記事

Copyright © 2006 電子マネー・ICカード講座. All rights reserved